ニュース

JAPAN DESIGN WEEK in London 2018

 

  

 

 

 Tent Londonとは

Tent Londonはロンドン・デザインフェスティバル期間中にイギリス・ロンドン市内Old Truman Breweryにて開催されるデザイン・エキシビジョン。期間中はロンドン各地で、クリエイティブ事務所・メーカー・ショップがオフィス・工房を一般開放し、屋外では大規模なデザイン・インスタレーションや、クリエイターによる各種セミナー・パネルディスカッションが開催されます。 Tent Londonは、現在国内外400以上の出展と、28000人もの来場者が集まる一大イベントに成長し、イギリスで最も革新的でクリエイティブな展示会という地位を確立しています。クリエイティブな要素の強い家具やインテリアプロダクトを中心として、オブジェや自転車などのインダストリアルデザインから、映像インタラクティブ作品など新しい発想の自由な表現の場として機能し、その新しい発想を求める企業・バイヤーと新しい才能との出会いの場としても強力なプラットフォームとなっています。

 

 

 JAPAN DESIGN WEEK in London 2018

9月にイギリス・ロンドンで開催されるデザインの祭典“テント・ロンドン”にてJAPAN DESIGN WEEK in Londonを開催します。日本全国の伝統工芸・地場産業・食・祭・音楽など、あらゆるクリエイティブによる地方創生を目的としたJAPAN DESIGN WEEKでは、ヨーロッパ・アジア・アメリカなど世界中に広がるWORLD DESIGN WEEKSのネットワークを活用し、JAPAN DESIGN WEEKで見出した国内の文化的・革新的・技術的な力を世界に展開します。

期間:2018年9月20日(木)~9月23日(日)
会場:TENT LONDON
参加スタイル:企業、団体、デザイナー
主催:デザインアソシエーションNPO
募集コンテンツ:プロダクト、アニメーション、インタラクティブ、WEBコンテンツ、出版 等

 

展示位置(全体マップを表示

 

 

 過去の展示映像

2014年9月18日(木)~ 9月21日(日)
来場者数(24,392名)
ビジネス:75.9% / 一般 19.8% / プレス:4.3%
イギリス:81% / ヨーロッパ:11% / 他:8%
ロンドンデザインフェア期間中は、ロンドン市街はデザイン一色になり、
質の高いメディアやデザイン関係者が世界中から集まります。

海外展開
Milan 2005 2008 2014 2015 2017 2018, New York 2005 2015 2016,
London 2007 2014, Hong Kong 2017, Helsinki 2017, Eindhoven 2017


 えんとつ町のプペル展(同時開催)

西野亮廣氏のベストセラー「えんとつ町のプペル」を光る絵画にし、全41作品を展示。独特な世界観を演出します。絵本「えんとつ町のプペル」をより多くの世界中の方々に読んでいただくため、歩く絵本展としてイタリア・ミラノを始め、フィンランド・ヘルシンキ、オランダ・アイントホーフェン、香港など、 屋内外で絵本展を開催しています。

西野 亮廣
1980 年、日本生まれ。芸人として、ライブ活動、テレビ出演するほか、舞台や映像の脚本や演出、執筆活動も行う。2009 年に、0.03mm モノクロのペン 1 本で書き綴った絵本『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家としてデビュー。その後、『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』を刊行。最新作『えんとつ町のプペル』は、イラストレーター33 人と完全分業制での制作。次回作も制作中。タイトルは『ぼくらは時計台で恋をする』。
えんとつ町のプペル 公式WEBサイト

nishono