ASUKA DESIGN WEEK 2016

 

ASUKA DESIGN WEEKロゴ.jpg

 

実施日:2016716日(土)〜17日(日)

場所:奈良県飛鳥地域(橿原市・高取町・明日香村)

主催:飛鳥デザインウィーク事業推進協議会

協力:TOKYO DESIGN WEEK / DESIGN ASSOCIATION NPO

公式ウェブサイト: http://asukadesignweek.jp/

飛鳥デザインウィーク2016

夜会

参加クリエイター:浅葉 克己(アートディレクター)、喜多 俊之(プロダクトデザイナー)、茂木 健一郎(脳科学者)、
         今村 有策(トーキョーワンダーサイト館長)、生駒 芳子(ファッションデザイナー)、
         川上 麻衣子(女優/ガラスデザイナー)、中川 淳(株式会社中川政七商店 代表取締役社長 十三代)、
         土佐 信道(明和電機)、渡辺 賢治(慶應義塾大学教授・奈良県漢方推進顧問)、
         海豪 うるる(ASUKA DESIGN WEEK 総合プロデューサー)

オモロボ・ワークショップ

自由な発想で子どもにしか思いつけない、とにかくオモシロいロボットをワークショップで制作。
一日目は、計60人の子どもを対象に、発想のワークショップを実施。明和電機のメソッドにもとづいて発想法を行えば、
誰しもが「おかしな」ことを考えることができることを参加いただいたお子さんも、親御さんにも実感していただきました。
二日目は、設計・組み立てのワークショップを実施。一日目から選抜された12名を対象に、アイデアをカタチにするワークショップ。実際に手を動かして明和電機監修のもとオモロボを制作。最後にはヒゲをつけ白衣を着て、ひとりひとりがみんなの前でプレゼンテーションを行いました。子どもならではの奇抜なアイデアが飛びだし、会場の大人たちも感心したり笑いに包まれたりと、大変盛り上がりました。
 
テーマ:オモロボ
講 師:明和電機 土佐信道(アーティスト)
会 場:橿原市立 こども科学館

飛鳥音話祭

日本文化の発祥の地“飛鳥”で、飛鳥の風を感じながら、歌と語りを楽しむ音話祭。
芸人・西野亮廣氏による独演会を始め、音楽ライブや、“飛鳥”をイメージする言葉を事前に地元の方々から集めその場で曲を作り上げる音楽ワークショップを実施。
観客を巻き込み一緒になって音楽を作ることで一体感が生まれ、心に残る参加型コンテンツとなりました。
 
MC:茂木 健一郎(脳科学者)、独演会:西野亮廣(芸人)、
音楽ライブ:Salyu(ミュージシャン)、音楽ライブ/ワークショップ:GAKU-MC
会場:国営飛鳥歴史公園石舞台地区 あすか風舞台

飛鳥会議

①「地方創生×建築」
会場:橿原神宮会館(橿原市)
クリエイター:隈研吾(建築家)×今村有策(トーキョーワンダーサイト館長)

②「地方創生×デザイン」
会場:岡寺(明日香村)
クリエイター:喜多俊之(プロダクトデザイナー)×生駒芳子(ファッションジャーナリスト)

③「地方創生×漢方・健康・美容」 
会場:高取町リベルテホール(高取町)
クリエイター:渡辺賢治(慶應義塾大学教授・奈良県漢方推進顧問)×川上 麻衣子(女優/ガラスデザイナー)
       ×海豪 うるる(ASUKA DESIGN WEEK 総合プロデューサー)×茂木 健一郎(脳科学者)

④「地方創生×コンテンツ」
会場:橘寺(明日香村)
クリエイター:茂木 健一郎(脳科学者)×西野亮廣(芸人)

⑤「地方創生×工芸」 
会場:飛鳥寺(明日香村)
クリエイター:中田 英寿(一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION 代表理事)×森田 恭通(デザイナー)
       ×中川 淳(株式会社中川政七商店 代表取締役社長 十三代)


橿原神宮会館(橿原市)

橿原神宮会館(橿原市)

岡寺(明日香村)

岡寺(明日香村)

高取町リベルテホール(高取町)

橘寺(明日香村)

橘寺(明日香村)

飛鳥寺(明日香村)

飛鳥寺(明日香村)

飛鳥寺(明日香村)