MATSUYAMA DESIGN WEEK 2018

 

MDW_rogo.jpgimgres.png

 

愛媛県松山市の花園町の道路空間整備により花園町から中央商店街、ロープウェー商店街にかけて連続した歩行者空間が生み出されました。これらを有効活用し回遊性を向上させるため、花園町をはじめとした歩行空間の活用による商店街の活動を支援するため、松山市が参画し、株式会社まちづくり松山、松山市商店街連盟、松山商工会議所で構成する「まつやま健幸・賑幸促進委員会」では、コンセプトを「花」に統一したアート・デザインのイベント「MATSUYAMA DESIGN WEEK」を実施しました。世界で活躍するクリエイターが、松山に因んだ作品を創作するとともに、市民と一緒に作品の展示やステージイベントを行うことで商店街をデザインで彩りました。

 

開催時期:2018年9月14日(金)~24日(月・振)
実施会場:愛媛県松山市 花園町、中央商店街(大街道・銀天街など)、ロープウェー街

主催:まつやま健幸・賑幸促進委員会
共催:愛媛新聞社
特別協賛:株式会社エイブル&パートナーズ/協賛:株式会社CHINTAI

約9mの花のオブジェ“Camellia Venus”

松山市の市花「ヤブツバキ」をモチーフとした高さ約9mのアートオブジェを大街道一番口付近に展示しました。フォトジェニックなスポットとなり、たくさんの方にご来場いただきました。

[Concept] "Camellia Venus"
ここに降り立つのはカメリアの女神。鮮やかな赤で装ったその姿で、見る者に幸せを運んでくれる。花は、いつでも見る人の想像力を豊かにしてくれます。松山の市花である「やぶ椿」にインスピレーションを得て新たに生まれた美しいカメリア=椿の花の女神は通りを鮮やかに彩ります。

[Designer]長谷川 喜美(空間デザイナー)
表参道や銀座のイルミネーションなど、大型商業施設のクリスマスデザインの演出やエキシビション・イベントでの空間演出を手掛ける、空間デザイナー。

花をテーマにした世界コンペティション「FLOWER DESIGN AWARD 2018」

ミラノのデザインサイト「designboom」にて花をテーマにした世界コンペティションを実施。グラフィック、アート、プロダクト、映像など、幅広いジャンルから世界規模で作品を募集し、松山市を世界に発信するための新しいアイデアや表現方法を、言語、国籍、年齢、性別、文化を超えて世界中から集めました。

新国立競技場のデザインを手掛けるなど、日本を代表する建築家の隈研吾氏、空間デザイナー長谷川喜美氏などによる審査でグランプリ、準グランプリ2点、松山市長賞、まつやま健幸・賑幸賞を決定しました。優秀作100点をMDW期間中にパネル展示しました。

伊予絣のプロダクト展示 & トークイベント「イヨガスリの可能性」

ファッションブランド「SOMARTA」のデザイナー廣川玉枝氏が、松山市の伝統的織物「伊予絣」を使ったプロトタイプのバッグの展示を実施しました。また、それに合わせて伊予絣の発展のためのトークイベントを展開。廣川氏とともにファッションジャーナリストの生駒芳子氏、世界的なモデルの冨永愛氏が登壇し、伊予絣の新たな可能性についてのトークで松山三越の会場を盛り上げました。

大街道特設ステージイベント

MATSUYAMA DESIGN WEEKの特設ステージでは、オープニングイベント以降、地元のアーティストを中心に、歌・ダンス・パフォーマンスなど、さまざまなエンターテイメントを披露しました。

オープニングイベント

オープニングイベント フラメンコ舞踊 伊須裕巳(舞踊家)×智詠(ギタリスト)

オープニングイベント 書道パフォーマンス 東雲女子大学・短期大学 書道がーるず

フラダンス パフォーマンス

ライブパフォーマンス Fumiya(シンガー)

ダンスパフォーマンス 東雲大学ダンス部

コントライブ 松山大学落語部

クロージングイベント みっきゃりんぐGOGO

ライブアートパフォーマンス 吉岡弥生(フラワーアレンジメント)×Yuki Matsumura(モデル)×小泉紗奈(モデル) 総合プロデュース:北川聖子