MATSUYAMA DESIGN WEEK 2018 Pre

 

MDW_rogo.jpgimgres.png

 

MATSUYAMA DESIGN WEEKは、JAPAN DESIGN WEEK 地方創生プロジェクトの一環で、四国では初めての取り組みとして実施しました。地域住民を対象に、郷土愛の醸成や人材育成、クリエイティブによる地域活性化を目的に、松山市花の"やぶ椿"をモチーフとしたロゴにも表されている「花」をテーマに、松山市内、花園町商店街から大街道、銀天街、ロープウェー商店街を中心に、感性に訴えかける音楽祭やアーティスト西野亮廣による絵本展を行いました。また、J-LOP制度を活用し、県内、国内のみならず、海外へのPRも積極的に行い、松山の魅力を発信。松山城の城下町として発展し、道後温泉を抱える古くからの温泉地、俳人正岡子規や文豪夏目漱石ゆかりの地である文学の街など、古くから多彩な資源を抱え、昨今コンパクトシティとしての整備が進み、新たな松山の姿を築く今、クリエイティブの力で内外にその魅力を伝えていきます。

 

開催時期:2018年2月9日(金)~12日(月・祝)
実施会場:愛媛県松山市 花園町、中央商店街(大街道・銀天街など)、ロープウェー商店街

主催:JAPAN DESIGN WEEK
協力:まつやま健幸・賑幸促進委員会/愛媛コレクション
特別協賛:株式会社エイブル&パートナーズ

音話祭 ミュージックライブ

感性に感性に訴えかける音楽ライブ「音話祭」を大街道商店街の特設ステージで開催。松山の中心に魅力的な音楽が響き渡りました。

[出演者]
チャラン・ポ・ランタン/堂島孝平/片平里菜

音話祭 地方創生アイドルライブ / 松山ピーヒャラ

感性に訴えかける音楽ライブ「音話祭」は二部構成で実施。第二部では地方を元気にするために活動するアイドルたちが登場しました。日本全国各都道府県を代表するメンバーがそれぞれの地域の魅力を発信するAKB48 Team 8から愛媛県代表の高岡薫さんをはじめとするメンバー、また地元松山からひめキュンフルーツ缶が松山愛が込もったライブを届けました。また、ライブに続けて市民参加型の音楽祭「松山ピーヒャラ」も実施。地方創生アイドルライブの出演者とともに、上を向いて歩こうを合唱しながら、商店街を練り歩き、街中に音楽の楽しさを発信しました。

[出演者]
AKB48 Team 8 高岡薫(愛媛県代表)/中野郁海(鳥取県代表)/長野芹佳(大阪府代表)
ひめキュンフルーツ缶

えんとつ町のプペル 光る絵本展 / ワークショップ・トークショー

アーティスト西野亮廣氏による「えんとつ町のプペル」を松山の花園町・中央商店街・ロープウェー商店街の各エリアに展示し、見に来た方に市内を回遊しながら光る絵画をご覧頂きました。「えんとつ町のプペル 光る絵本展」に合わせて、松山市の河原学園でデザインを学ぶ学生とともに光る絵画を設置するイーゼルをデザイン・装飾するワークショップを実施。作者西野氏からの講評・トークショーイベントは多数の来場者で賑わいました。