URESHINO DESIGN WEEK 2017

 

UDWロゴ.jpg

 

2回目のURESHINO DESIGN WEEKは、嬉野温泉旅館組合が提案する「和装まちあるき」の期間中に合わせ、「和」をテーマとしたコンテンツを展開するとともに、地元で活躍する「嬉野茶時」とのコラボレーションで、トークイベントやお茶会を開催。

前回に引続き、青森県弘前市・大鰐町・田舎館村との連携コンテンツとして、アップルティー商品開発のネーミング公募や、デザインウィークカフェ、音楽イベントを実施しました。

【開催概要】
日程:2017年11月10日(金)〜12日(日)
主催:嬉野デザインウィークコンソーシアム
  〔嬉野市・嬉野市商工会・嬉野温泉観光協会・佐賀銀行嬉野支店・佐賀新聞社〕
共催:嬉野茶時
後援:佐賀県
企画運営: Design Association npo
協賛:株式会社エイブル&パートナーズ
衣装協力:株式会社鈴花

URESHINO DESIGN WEEK 2017 11月

弘前デザインウィークカフェ

青森県の名産品であるリンゴジュースやお菓子等の販売。
【概要】
日 時:平成29年11月11日(土)11:00〜18:00
場 所:嬉野温泉公園
住 所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲12-1
 
巨大アップルパイ
弘前名物である直径2mの巨大アップルパイが九州初上陸!
製作実演・販売を行い、無料でふるまいました。
協力:巨大アップルパイギネスに挑戦する会

湯道展

小山薫堂氏が提唱する湯の作法「湯道」監修のもと選定、制作された湯道具を展示。
湯道とは、日本人が日常の習慣として疑わない「入浴」という行為を、日本文化として世界へ発信、継承していくために拓かれた道。


【概要】
日 時:2017年11月10日(金)〜12日(日)
時 間:09:00〜18:00
場 所:和多屋別荘 ホワイエ2階
観覧料:無料

嬉野会議

小山薫堂氏と、嬉野に受け継がれる「うれしの茶」「肥前吉田焼」「嬉野温泉」の伝統文化を
新たな切り口で表現する嬉野茶時のメンバーによるトークショーを開催。
【概要】
日 時:2017年11月10日(金)11:00〜12:00
場 所:和多屋別荘(観水の間)
参加料:無料
ゲスト:小山薫堂
    <嬉野茶時>
    お茶:副島仁(副島園)
    肥前吉田焼:辻諭(224porcelain)
    旅館:北川健太(旅館大村屋)、小原嘉元(和多屋別荘)
 
 
※ 嬉野茶時
 佐賀・嬉野の土地で何百年もの間、 脈々と受け継がれている歴史的伝統文化 「うれしの茶」
 「肥前吉田焼」「温泉」。嬉野はこの三つの伝統文化が息づく唯一無二の舞台。その伝統を重んじ、
 時代に合わせ新しい切り口で、普遍的であり静謐な空間で、 四つの季節で表現するプロジェクトが嬉野茶時。
 この地、この場所に住む私たちが 全てを考え、全てを育み、全てをもてなす。
 何百年という時間に耐えたこの美しき嬉野の伝統文化を 粛々と後世へ伝え続けます。
  <嬉野茶時公式HP> 
 https://www.ureshinochadoki.com/



嬉野会議終了後には、嬉野茶時のメンバーによるお茶会、
うれしの茶と菓子の究極のマリアージュをコンセプトに、「一茶一菓(いっちゃいっか)」という菓子の食事会を開催。

【概要】
日 時:平成29年11月10日(金)12:30〜13:30
場 所:和多屋別荘(サヴール・ドゥ・スイメイ)
定 員:20名
参加料:2,500円
茶 師:太田裕介(太田重喜製茶工場)、副島仁(副島園)、青柳貴信(相川製茶舗)
菓 子:井上賢一郎(スピカ)、坂本卓也(さかもとパン)、澤野典子(うれし庵)

嬉野 音話祭 / 嬉野ピーヒャラ

佐賀県ゆかりのアーティストと、青森県弘前市のアーティストとが、コラボレーションした音楽イベントを実施します。
最後には、アーティストと市民が一緒になって、市内を練り歩く音楽パレード「ピーヒャラ」を開催。


【開催概要】
①音話祭
日 時:平成29年11月11日(土)13:00〜17:00
場 所:嬉野温泉公園
住 所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲12−1

主な出演者
・はなわ
・AKB48 チーム8 川原美咲(佐賀県代表)・倉野尾成美(熊本県代表)・山田菜々美(兵庫県代表)
・りんご娘
・PINKY SKY

・佐藤和哉(篠笛 奏者)
・佐藤ぶん太、(津軽笛 奏者)
・渋谷和生(津軽三味線 奏者)
・森永基木(三味線 奏者)


②嬉野ピーヒャラ(市内練り歩きパレード)
日 時:平成29年11月11日(土)17:00〜17:30
ルート:嬉野温泉公園から豊玉姫神社
協 力:嬉野市民吹奏楽団、嬉野中学校吹奏楽部、嬉野高校和太鼓部、佐賀女子短期大学