URESHINO DESIGN WEEK 2019

 

UDWロゴ.jpg

 

「嬉野温泉」「うれしの茶」「肥前吉田焼」など、歴史的伝統文化が息づく佐賀・嬉野。

2019年の嬉野デザインウィークでは、新たな観光資源「忍者」を活用します。

テーマ:『忍者』

【忍者デザインアワード】

"NINJA"をテーマに世界中から作品を募る国際デザインコンペティションを実施し、嬉野の認知に繋げる。 ミラノのデザインサイト「designboom」とともに、世界中からノンジャンルで忍者のデザイン案を募集。優秀作品をパネル展示。 優秀作品50点のパネルは、現在地元嬉野市の忍者村『肥前夢街道』施設内にて展示中。

詳しくは 嬉野デザインウィークWEBサイトにて https://ureshinodesignweek.jp/

 グランプリ 『Shuriken Light』 / Maxim Mirnov (ウクライナ)

 嬉野市特別賞 『URESHINO × NINJA CREST』 / お龍(佐賀県)

【忍者ダンス】

嬉野=忍者の周知、イメージ向上のために忍者ダンスを作り発信。今回はその第一歩として、地域のダンスチームによって忍者ダンスパフォーマンスが開かれ、人気振付ユニット『振付稼業air:man』による 忍者ダンスアイデアソンワークショップが開かれました。

詳しくは、嬉野デザインウィーク WEBサイト https://ureshinodesignweek.jp/ 

【開催概要】
日程:2019年2月23日(土)・24日(日)
主催:嬉野デザインウィークコンソーシアム
  〔嬉野市・嬉野市商工会・嬉野温泉観光協会・佐賀銀行嬉野支店・佐賀新聞社〕 / Japan Design Week

共催:特定非営利活動法人 九州忍者保存協会(第4回うれしの温泉忍者フェスタ)

場所:嬉野市体育館
 

特別協賛:株式会社エイブル&パートナーズ
協賛:株式会社CHINTAI
協力:佐賀元祖忍者村 肥前夢街道

嬉野デザインウィーク2019 ダイジェスト

NINJA DESIGN AWARD 2019

イタリア・ミラノのデザインサイト、デザインブームと連携し、『忍者』をテーマとした国際デザインコンペティションを実施。佐賀県嬉野から世界に発信する新しい『忍者』のアイデアや表現方法を国際公募しました。言語、国籍、年齢、性別、文化を超えて、世界中から寄せられる様々な作品の中で優秀な作品を、嬉野デザインウィーク会場にてパネル展示を開催

嬉野忍者ダンスプロジェクト

地域のダンスグループが「忍者」の要素を取り入れたダンスパフォーマンスを披露。人気振付ユニット・振付稼業 air:man、忍者エディター・佐藤強志、嬉野市長・村上大祐が審査を行いました。
忍者ダンスアイデアソンワークショップでは、忍者の作法である「九字法」を使った忍者ダンスについて意見を出し合いました。

デザインウィークカフェ 【嬉野市・弘前市・大鰐町・田舎館村】4地域自治体連携 / 忍者うどん ふるまい

【アップルティー&スイーツ商品開発プロジェクト】
佐賀女子短期大学 地域みらい学科と、うれしの紅茶振興協議会 にご協力いただき、
嬉野市の「うれしの茶」と、りんごの生産量が日本トップの青森県弘前市を中心とする津軽エリアの3市町村の
「りんご」とのコラボレーションから生まれた「和紅茶のアップルティー」とそれに合うスイーツを開発。
青森県 弘前市・大鰐町・田舎館村との地域連携プロジェクトで開発されたスイーツの試食と紅茶試飲販売を実施。

【忍者うどんふるまい】
限定200食限定で、忍者のイラストも入った揚げ物入りのうどんも来場者に向けてふるまわれました。